This page:株式投資初心者入門ガイド TOP > 株式投資を始めよう > 株の銘柄の選び方~割安株編~

株の銘柄の選び方~割安株編~

いくら「いい株」でも高ければお買い得とはいえません。「いい株」を「割安」に買うために「割安株」かどうか判断することが大事です。

いい株を割安に買うのがバリュー株投資だ!

ネット株の銘柄の選び方~いい株編~では、これから業績が伸びて株価が上昇するであろういい会社、つまりいい株を見つける方法をお話ししました。

さて、うまい具合にいい会社(株)を見つけることができて、さて実際に買おうとしたときに、ちょっと落ち着いて考えてみましょう。

「その株は本当にお買い得ですか?」

たとえばすごく欲しい時計があったとして、だいたいどこのお店で買っても10万円くらいするとします。
これをオークションかなんかで20万円も出して購入したら明らかに損ですよね?

逆に、安く売っているお店を見つけて7万円で買うことができました。

実際には10万円くらいの価値があるものを7万円という割安な値段で手に入れることができたわけです。
これはお得ですね。

株を買うときもこの例と同じで、いい会社を見つけたらその会社の株価が、その会社の実際の価値よりも割安なときに買うということが重要です。

「えっ?そんなことがあるの?」って思う人もいるかもしれませんが、株の場合、どう考えても10万円の価値はあるだろうという会社の株が、5万円のまま値上がりせず放置されているってことが多々あるわけです。

他の人がその会社の価値に気付かず、割安なまま放置されているいい会社の割安な株をいただいてしまおうってわけですね。
こういう将来値上がりしそうないい会社の株を割安な値段で買う方法をバリュー株といいます。

PERで株の割安度を判断しよう

さて前回、「いい株を割安に買うのがバリュー株投資だ!で、いい会社の株を実際の価値よりも安い値段で買うことが大事とお話しました。

つまり、たとえば実際には5000円の価値があるものを4000円、3000円とかの割安な値段で手に入れようというわけです。

さて、ここで簡単に、実際の価値よりも割安な値段とか言ってますが、そもそもそんなものが分かるんでしょうか?

結論からいうと、簡単な計算で出すことができます。

株価を1株あたりの利益(1株益)で割ってやればいいのです。

どういうことかというと、たとえば1株あたり100円の利益を出している会社の株を1000円で買うのが得か、2000円で買うのが得か、どっちでしょう?

はい、言うまでもなく同じ利益を出すなら安い値段で買った方が得ですね。

では、1株あたり100円の会社の株を2000円で買うのと、1株あたり150円の利益を出している会社の株を2500円で買うのとどちらが得でしょうか?

ちょっと分からなくないですか?

こんなときに株価を1株あたりの利益(1株益)で割ってみましょう。

2000円÷100円=20
2500円÷150円=16.66

さてどっちが割安でしょうか?

株価を1株あたりの利益(1株益)で割るということは、結局、いまの株価は1株益の何倍の値段が付いているかを表します。
つまり1株あたりの利益(1株益)で割ったときの数値が低い方が割安ということがいえるのです。

ちなみにこの1株あたりの利益(1株益)で割ったときの数値を株式用語で「PER」といいます。

PERとは、Price Earnings Ratio(プライス・アーニング・レシオ)の略で、訳すと株価収益率となります。

このPERを活用することでいい株が本当にお買い得、つまり割安かどうかを判断することができるってわけですね~。

PERはどれくらいが割安といえるの?

さて前回、「PERで株の割安度を判断しよう」で、株の割安度を測る基準としてPERというものをお話しました。

株価を1株ごとの利益で割ることでPERを出します。

つまり今の株価は利益の何倍の値段が付いているか?ってことを出す訳わけですね。

ですので、PERが小さいほど、割安ということがいえますね。

日本株のPERは、過去からだいたい15~20倍を推移しています。
ちなみにいま2008年10月現在は歴史的な株安に見舞われていますので、PERも全体的に低くなっています。

東証のこのページで全体や業種毎のPERをみることができますが、全体で見ると15倍程度になっていますね。

PERはどれくらいなら割安といえるでのしょうか?

結論からいうとだいたい15倍以下なら割安といえます。

日本株はいま割安なわけですね。

ちなみに2008年10月20日現在のトヨタ自動車(株) 【東証1部:7203】のPERは6.679です。

はっきりいって激安セール中です。

いまは株安で騒がれていますが、長期的な視点で見た場合、非常に買い時なのが分かります。

ただし、これはあくまで会社の業績が悪化しないってことが前提です。

業績が悪化すれば1株益も落ちて、PERは高くなってしまいます。

まあ結局、1株益が高くて株価が安い株は割安株といえ、お買い得といえる、その判断の基準となる指標がPERというわけです。