This page:株式投資初心者入門ガイド TOP > 株式投資を始めよう > ネット証券の選び方~基礎編~

ネット証券の選び方~基礎編~

ネット証券会社に口座を開設する前に証券会社を選ぶときのポイントなどを解説しています。証券会社を選ぶときの参考にどうぞ。

ネット証券を選ぶ4つのポイント

実際にネット証券会社に口座を開設するにはどのネット証券にするか選ばなければなりません。

ネット証券は数も多いのでどこにすればいいのか分からないという場合も多いと思いますが、ネット証券を選ぶ4つのポイントがあります。

この4つのポイントに従って証券会社を比較検討していけば自分にとって一番いいネット証券が見つかるでしょう。

■ネット証券を選ぶ4つのポイント
1:手数料
2:情報の充実度
3:取扱商品
4:経営の安全性

1:手数料
株の代金はどの証券会社で売買しても同じなので、コスト面で差が付くのは売買手数料です。
できるだけ手数料の安いネット証券で取引した方がお得でしょう。
→ 「手数料」~ネット証券を選ぶ1つ目のポイント

2:情報の充実度
株価やチャート、リアルタイム株価情報や業績・ニュースなどどんな情報が手に入るかも証券会社によって違います。
 「情報の充実度」~ネット証券を選ぶ2つ目のポイント

3:取扱商品
ミニ株や単元未満株、信用取引、IPOなど証券会社は多くの商品を取り扱っています。
自分が取引したい商品があるかどうかも大事ですね。
→ 「取扱商品」~ネット証券を選ぶ3つ目のポイント

4:安全性
万が一、証券会社が破綻などをしてしまった場合でも預けている資産は保護されますが、それでもなんらかの不都合を強いられます。安全な会社を選びたいですね。
 「安全性」~ネット証券を選ぶ4つ目のポイント

「手数料」~ネット証券を選ぶ1つ目のポイント

株の価格はどの証券会社で取引しても同じですが、取引にかかる手数料はネット証券によってバラバラです。

この取引にかかる手数料を売買手数料といい、売買の注文が約定(取引が成立)したときに証券会社に支払うものです。

当然、手数料が安いに越したことはないですね。

この手数料は証券会社によっても違い、料金体系もバラバラです。

たとえば、1回取引が成立するごとに定額でいくらかかるというものもあれば、1日何回取引しても定額でいくら、1ヶ月何回取引しても定額とか。
また取引する金額が50万円以上ならいくら、100万円以上ならいくらという風に取引金額によっても変わる場合もあります。

ですので、単純に安い所という基準でネット証券の手数料を比較するのではなく、自分の投資スタイルに合った手数料体系の証券会社を選ぶことが大事になってきます。

デイトレーダーで一日に何回も取引するって言う場合は、1日いくらとかの定額制の方がいいですし、取引回数は少なめという人は1回の取引の手数料が安い方がいいでしょう。

大きな資金を動かすと言う場合は、取引金額が高くても手数料が安いところがいいですし、少ない資金で取引するという場合は、少ない資金でも手数料が安いところがいいでしょう。

「情報の充実度」~ネット証券を選ぶ2つ目のポイント

どの銘柄を売買するか決めるためには情報が不可欠です。

銘柄の概要や業績、ニュース、株価チャートなど証券会社では様々な情報を無料で提供しています。
またここまでは無料だけど、これ以上の情報は別途有料という風になっている場合もありますし、月何回取引すれば有料情報も無料で見られると言う風に条件付きで情報を提供している証券会社もあります。

どの証券会社ではどんな情報が手に入るかをチェックして、情報を得るためだけに口座を開設している人もいるくらいです。

それくらい情報の充実度は株式投資をする上で大事なのです。

また情報だけでなく、取引ツールの使い勝手なども考慮したいですね。

特に刻一刻と変化する株式市場の状況(いまどの株がいくらで何株取引されているのかなど)をリアルタイムに知ることができるリアルタイム株価情報ツールは本格的に株式投資をするなら必須になってきます。

「取扱商品」~ネット証券を選ぶ3つ目のポイント

どんな商品を取引することができるかどうかも証券会社によって違います。

普通の国内株式だけでなく、米国株、中国株などの外国株や、信用取引やIPO株(新規公開株)、ワラント、ミニ株や単元未満株、ファンド(投資信託)、先物・オプション、FXなど証券会社によって様々な投資商品が用意されています。

初心者のうちは色々な投資商品に手当たり次第に手を出すことはおすすめしませんが、うまく分散投資すればリスクヘッジにもなります。

自分が投資してみたい投資商品や将来してみたい投資商品を扱っている証券会社に口座を開設しましょうね。

色々な商品を扱っている証券会社ならひとつのIDでまとめて管理できたりと非常に便利です。

「安全性」~ネット証券を選ぶ4つ目のポイント

安全性も証券会社を選ぶ上で大事なポイントです。

安全性とは、証券会社の倒産リスクなどの経営面での安全性もありますし、取引システムの安定度などもあります。

万が一、証券会社が破綻しても法律により、預けている金融資産は全額保護されますが、一時的に資金の出し入れが出来なくなったり、株の売買ができなくなったりと何らかの問題が起こる可能性もあります。

また法律により、証券会社は顧客から預かった株などの資産を自社の資産とは厳密に分別管理することが定められています。

ですので証券会社が倒産しても全額保護されるはずですが、万が一、その証券会社が法律違反を犯していて資産を分別管理していなかった場合や、なんらかの事故で証券会社が顧客に資産を円滑に返還できなくなったりした場合に備えて、投資者保護基金というものがあり、1000万円まで保護されます。

このように基本的に証券会社が倒産した場合でも資産は全額保護されますが、まれに全額戻ってこない場合もあるということです。

こんな事態を避けるためにも経営のしっかりした証券会社を選びたいところです。

また取引システムの安定度も非常に大事です。

急いで取引したいときにシステムダウンによって取引できなくて損害を被ったとしても証券会社は保障してくれません。

ですのでシステムダウンなどの少なく安定した取引環境を提供し続けている証券会社を選びたいですね。