This page:株式投資初心者入門ガイド TOP > 株式投資を始める前の基礎知識 > 最低限必要な株式投資の知識

最低限必要な株式投資の知識

株式投資を始めるにはどうすればいいの?どこでどうやって株取引をするの?どうやって注文するの?など実際に株式投資を始める前に知っておいた方がいい株式投資の基礎知識です。

株で利益を出す種類「配当金」

株を買ったらあなたも会社のオーナーでは、株を買えばその会社のオーナーとなり、利益の一部を受け取ることができるとお話しました。

この持っている株の数に応じて受け取れる利益の配分を「配当金」といいます。

この配当金のように株を持っているだけで受け取れる利益のことをインカムゲインといいます。
株式投資の場合のインカムゲインは「配当金や株主優待」、銀行預金の場合は「利子」ですね。

反対に安い株を買って、高くなったら売って、その差額を儲けるというような投資で得られる利益のことを「キャピタルゲイン」といいます。

配当金がいくらっていうのは会社によってバラバラです。中には配当金がない会社もあります。
だいたい一株あたりの配当金○○円という風に書かれています。

じゃあ配当金が高い会社の株を買えばいいじゃないか。となりますがその場合、その会社の株価を考える必要があります。
配当金は高いけど、株価も高いと言う場合、投資金額に対してもらえるお金の割合が低くなるのであまり賢い投資とはいえません。

このように投資金額に対する配当金の割合を示した数字を「配当利回り」といいます。

株価も安く配当金も高い会社、つまり配当利回りのいい会社の株を買うのがポイントです。

しかし、いくら配当利回りがよくても儲けもないのに、無理をして高い配当金を出している会社もあるので注意しましょう。

株で利益を出す種類「株主優待」

株を持つことでその会社の利益の一部をもらえるのが配当金です。

配当金以外にも株を持っていることでもらえるものが「株主優待」です。

株主優待とは、企業(株式会社)が、株主に対して、株を持ってくれているお礼として品物やサービスを提供することです。

たとえば、レストランを運営している企業の株を持っていれば、食事券がもらえたり、鉄道会社の株では、乗車券の割引券がもらえたりとその会社によって様々な株主優待の内容があります。

もちろんすべての株式会社が株主優待をしているわけではありません。

株主優待は、持っている株の数に比例して内容がよくなることもありますが、基本的にはそれほど株の数に関係なく、一律の優待をしている場合が多いです。

ですので、たとえちょっとの数しか株を持っていなくても株主優待を受けることができるので、少額の投資をする場合すごくお得になることがあります。
この株主優待をうまく使って節約することもできますね。

でも株主優待がいいからという理由だけで買う株を決めるのは危険です。
いくら内容がよくても株が値下がりしてしまえば優待分の金額なんてすぐに損してしまいますから、優待の内容だけでなくちゃんとその会社の業績や成長性なども考えて、株主優待はプラスアルファくらいに考えておくのがいいと思います。

ただなかには株主優待の内容が非常にいい会社もあるので、最初からあえて株主優待狙いで買う方法もアリです。
その場合は倒産さえしなければ株価が下がっても気にせず持ち続けていればいいわけですので。
お得な株主優待を探すにはこのサイトが便利です。

株主優待の内容は会社の業績などによって変わる場合もあるので注意が必要です。

株で利益を出す種類「売却益」

前回では、「株式投資の基本は、より多くの利益を出しそうな会社に資金を提供して(株を買う)、儲けたお金の一部をいただく(配当金)ことです。」と書きました。

しかし、株式投資で利益を出す方法は、配当金だけではありません。

株は多くの会社が発行しており、株式市場で売ったり、買ったりされ日々取引されています。

ですので株にも普通の商品と同じように需要と供給のバランスによって値段が付きます。

たとえば、すごく成長が期待できる事業をしているAという会社があるとみんながA会社の株を欲しがり買います。
逆に、Bという会社は不祥事を起こして倒産寸前、、、となればB会社の株を持っている人は倒産されたら株券は紙くずになってしまうので、みんながB会社の株を売ります。

株の価格は需要と供給のバランスで決まるので、人気があるA会社の株の値段はどんどん上がっていきます。
逆にみんなから避けられているB会社の株はどんどん値下がりしていきます。

みんなに株を買ってもらえるA会社は、資金がどんどん集まるので、どんどん事業を拡大して成長していきます。
逆にB会社はただでさえ危機的状況なのに、株をみんなが買ってくれないので資金も集まらずどんどん経営が危うくなります。

しかし!このまま倒産かと思われていたB会社が特許を持っていた商品がマスコミで紹介され大ヒット!!
あれだけ経営危機にあったB会社はみるみるうちに回復して、経営を立て直してきました。

そうなるといままで人気のなかったB会社の株もどんどん人気が高くなり、株の値段もどんどん上がっていきました。

ついには1株100円にまで値下がりしていたB会社の株は、なんと1株1000円にまで値上がりしました。

このときに待ってましたとばかりに登場したのがスーパー投資家Zさんです。

なんとZさんは、B会社の株が1株100円まで値下がりして、みんながB会社の株を売っているときに、あえて、安い値段でB会社の株を1000株も買っていたのです。

そして、1株1000円まで値上がりした株を「いまが売り時!」とばかりに売りました。

1株100円×1000株=10万円で買った株を、値上がりした後で売ったことで、1株1000円×1000株=100万円を得ました。

なんと差し引き90万円も儲けてしまったのです。

まあ、現実にはこんなにうまくいくことはそうないですが、株で利益を出すには、配当金以外に、安いときに買って、高くなってから売るという方法もあるのです。

これを売却益またはキャピタルゲインといいます。

株式投資のリスクを把握しておこう

これまでで売却益や株主優待など株式投資での利益の出し方を見てきました。

「株ってお得じゃん!今すぐ始めよう!」って思ったあなた!ちょっと待った!!

世の中そうおいしい話ばかりではありません。

うまい話には裏があるじゃないですが、株式投資にもそれ相応のリスクというものがあります。

たとえば、あなたはA会社が今後成長し、株が値上がりすると思って、A会社の株を1株3000円で100株買ったとします。

このときにかかった購入費用は30万円です。(正確には+手数料です。)

しかし待てど暮らせどA会社の業績は一向によくならず反対にどんどん悪くなっていきます。
下手したらこのまま倒産してしまうかもしれないというところまでいったとします。

でもすでに業績の悪くなっているA会社の株は購入したときよりも1000円も値下がりして、今は1株2000円になっています。

いまから手放そうと思っても1株2000円×100株で20万円でしか売れませんから、10万円の損になってしまいます。

このときにあなたが取れる選択肢は2つ。

1つは倒産してしまうと株の価値は0円になってしまうので、30万円丸まる損になる。だから10万円の損が出たとしても今の内に売ってしまおう。
とA会社の株を売却すること。
これをいわゆる「損切り」といいます。

もうひとつは、10万円も損してしまうのは嫌なので、なんとか持ちこたえて、株が値上がりしてくれることを祈り、そのまま持ち続けること。
結果、倒産して30万円の損害になるか、株が値上がりして儲けることができるかは誰にも分かりません。
これをいわゆる「塩漬け」といいます。

このように自分の買った株が思うような値動きをしてくれない場合、こんな究極の選択にさらされることになります。

結果として10万円の損が出ようが、倒産して30万円の損が出ようが、誰もその損害を補償してくれません。
もちろんA会社に損害賠償の請求なんてものもできません。

だって、A会社の株が値上がりすると思って購入したあなたの判断が間違っていたというだけの話です。
誰もあなたの判断ミスの責任は取ってくれません。

株は利益も損失も自己責任なのです。

これが株式投資のリスクです。

このようなリスクがあるということもしっかりと頭の中に入れておきましょう。

株の売買の注文方法の種類

株を買うには証券会社に、「A会社の株を買いたい」と注文を出すわけですが、この注文の仕方には大きく分けて2通りあります。

ひとつは「いくらでもいいからA会社の株を買いたい」と注文する買い方、もうひとつが「A会社の株が○○円になったら買う」と値段を指定して買う注文方法があります。

株の値段は常に変動していますので、こういう2通りの買い方があるわけですね。

ちなみに売り方も同じで2通りです。

「いくらでもいいからA会社の株を売りたい」と注文する売り方、「A会社の株が○○円になったら売る」と値段を指定して売る注文ですね。

ちなみに、値段を指定して売買する注文方法を、「指値注文」、
いくらでもいいからと値段を指定しない注文方法を「成行注文」と言います。

さて、一見すると、「そりゃ値段を指定して売買する方がいいんじゃないの?」って思いがちですが、一概にそうでもありません。
なぜなら指値注文の場合、値段を指定するわけですから、売買したい株が指定した値段にならないと売買できません。

たとえば、現在1株2500円の株を「1株2000円になったら買い」という注文を出していたとします。

このとき1株2099円とかになってしまうと、値段の開きがあるためすぐに買えません。
そのまま2000円にならずに市場が閉まってしまうと結局買えないという場合もあります。

それに対し、成行注文の場合、いくらでもいいからとりあえず売買したいということなので、指値注文よりも優先されて取引されます。
急いで売買したいと言うときには成行注文がベターです。

そのほかにも色々な特殊な注文の仕方もあるのですが、とりあえずは成行注文と指値注文を知っておけば取引に支障はないのでOKです。

株式投資のルール「手数料」

株式投資には取引するにあたって知っておいた方がいいルールがあります。

まず、証券会社を通して株を売買するわけですが、当然取引には「手数料」がかかります。

たとえば、1株1000円の株を100株買う場合に必要になる費用は、1000円×100株=10万円だけでなく、「10万円+証券会社に支払う手数料」ということになります。

仮にこのときにかかった手数料が700円だったとすると、購入費用は10万700円です。

そして、買った株が値上がりしたので、売ろうとしたときにも手数料はかかります。

ですので、株の売却益で利益を出すには、

「売るときの株価×株数+手数料」ー「買ったときの株価×株数+手数料」=利益

ということになります。

この手数料は証券会社によってかなり違いがあり、出来るだけ手数料が低い証券会社で取引した方がお得になります。

最近では証券会社の競争も激しくなり、「いくらまでの取引なら手数料が無料」など手数料がかからない証券会社もあります。

さらに1日に何回も取引するデイトレードには1日何回取引しても手数料は一定という定額制を用意している証券会社もあります。

手数料が多くかかるほど利益を出すのは難しくなるのでできるだけ手数料は安いところで取引した方がお得です。

ネット証券は非常にたくさんあるのでその中から自分にとってベストの証券会社を選びたいところです。

単位株数を知っておこう

1株あたりの 株価が1000円のAという会社があったとします。

普通に考えれば1000円+手数料でA会社の株を買えると思いがちですが、実はそうではありません。

株式投資には、「単位株数」というものがあり、その会社の株を売買できる最低の単位が決まっているのです。

たとえば先ほどの例の1株1000円のA会社の単位株数が100株だったとすると、最低100株を買わないといけません。

1000円×100株=10万円+手数料の購入資金が必要になるというわけです。

この単位株数は会社によってことなり、1株から買える会社や1000株からしか買えない会社など様々です。

たとえば、2008年1月22日現在のトヨタ自動車の1株の値段は、4880円です。

トヨタ自動車の単位株数は100株ですので、最低100株買わないとトヨタ自動車の株は買えません。

つまり1株4880円×100株=488000円+手数料の費用が必要になるということです。

最近では、個人投資家を意識して、少額の資金でも取引できるように単位株数を下げる会社が多いようですので、比較的少額の資金でも購入できる株も増えてきています。

チリ積もればではないですが、個人投資家一人一人の購入額は少なくても間口を広げてたくさんの個人投資家に自社の株を買ってもらってどんどん株価をあげたいという会社の狙いもありますし、東証などの市場の方からあまり最低購入価格が高くなるようなら単位株数を下げるように要請される場合もあります。

ミニ株なら10分の1の資金でもOK

前回は、株を買うには単位株数をいうものがあって、1株3000円の株があったとしても、3000円で1株買えるわけではないということを説明しました。(→ 単位株数を知っておこう)

単位株数が100株なら、100株×3000円で30万円もの資金が必要になるのですね。

「やっぱりそうか。いくら株式投資がお得だと言っても元々お金を持っている人しかできないのね。自分には無理だ。株式投資なんてやめよう」

なんて、結論を出してしまう前に、「ちょっと待った!!」

株には単位株数がたとえ100株であっても1000株であっても、1株から買うことができる方法があるのです。

少ない資金でも株を買える方法「ミニ株」と「単元未満株(単位未満株取引)」について説明します。

まずミニ株とは、単位株数の10分の1の単位で株を売買することができる取引です。

たとえば1株3000円で単位株数が100株のA会社の株を買おうとすると、通常なら3000円×100株=30万円の資金が必要になります。
もしミニ株なら10分の1の単位で買うことができるので、3000円×10株=3万円から株式投資をすることができます。

しかし、ミニ株には色々な成約があります。
取引できる銘柄が限られていたり、取引できる証券会社が限られていたり、指値注文ができなかったりします。
株の名義が自分名義でなく証券会社の名義になり株主優待は受けられません。(配当はもらえる)
さらに取引が少額になるので手数料が割高になります。

ですのであくまでミニ株は本格的に株式投資を始める前に練習的な意味合いで利用するのがいいかもしれません。

特に最近では個人投資家の増加もあり、単位株数を引き下げる会社も多いので少ない資金でも通常の株式投資のハードルは低くなってきています。

単元未満株取引(プチ株・S株・まめ株)なら1株から取引できる

株式投資には単位株数というものがあって、最低の売買単位が決まっているというお話をしました。⇒単位株数を知っておこう

さらにミニ株という商品なら単位株数の10分の1の株数で取引できるので、資金が少なくても株式投資ができるとも書きました。⇒ミニ株なら10分の1の資金でもOK

さらに単元未満株取引という仕組みを使えば、単位株数に関係なく1株から株取引ができます。

ミニ株が単位株数の10分の1だったのに対して単元未満株取引は1株からOKなので、ミニ株よりもさらに少ない資金で取引ができます。

またミニ株にはないメリットが、株の名義が証券会社ではなく自分の名義になります。
配当も受け取れますし、条件を満たせば株主優待を受けられます。

単元未満株取引を買い足していって単位株数に達すれば通常の単元株とすることもできます。

単元未満株取引は証券会社によって色々な商品名があり、カブドットコム証券の場合「プチ株」、ジョインベスト証券は「まめ株」、SBI証券(旧イー・トレード証券)は「S株」、岡三オンライン証券はそのまま「単元未満株」などとなっています。

ミニ株同様単元未満株は取引できる証券会社が限られているので事前にしっかりと調べましょう。

単元未満株は少ない資金でも株式投資ができるというメリットがありますが、少額の取引になる分、手数料は割高になりますので注意が必要ですね。

準備OK!実践していきましょう。

ネット株以前の超基礎知識では、株ってなんだってところから始まって株式投資について学ぶ前に知っておいた方がいい基礎知識を解説しました。

最低限必要なネット株の知識では、株で利益を出す方法や株式投資のルールなど実際に株式投資をする上で必要になる基礎知識を解説しました。

さて、まったくの株式投資の初心者の方でもここまでをきっちりと読んで理解すれば株式投資を始める上での事前準備は万端です。
ここまでの知識があれば難しい投資理論とか知らなくても、とりあえず株式投資を始めることができます。

あとは実際にやってみて、やっていくなかで出てきた疑問点を解消していったり、もっといい投資のやり方はないのか勉強してみたり、とやりながら勉強するのがいいと思います。

なにもやらずに本やホームページを読んでいるより、まずは証券会社に口座を作って、実際に株取引をしながら読んだ方が、100倍身につきます。

そんなわけで基礎編はここまで。

次は実践編ということで、実際に株式投資をするために証券会社に口座を開設するので、どんな証券会社に口座を開設するのがいいのかなどをネット証券の選び方という形で解説していきます。
また実際に株式投資をする上でどの会社の株を取引するのかも重要なポイントです。
株の銘柄の選び方なども解説していきたいと思います。

では実践編でお会いしましょう。