This page:株式投資初心者入門ガイド TOP > 株式投資を始める前の基礎知識 > 株式投資以前の超基礎知識 > 株ってなんだ?

株ってなんだ?

「さあ株式投資を始めよう」

その前に「はて?そういえば株ってなんだ?」って思うあなたのためのページです。
「馬鹿言うな!それくらい分かるわい!」って方は読み飛ばしてくださいな。


さてさて、株式投資を始める前にそもそも株ってなんなんでしょうか?

たとえば、ここにAさんという人がいるとします。

Aさんは野心あふれる起業家で、これをビジネスにすれば必ず成功するだろう!というビジネスプランを持っています。
そこでAさんは会社を興してそのビジネスプランを実現しようとしました。

しかし会社を興して、そのビジネスプランを実現するには1000万円の資金が必要でした。

Aさんの資金は自分の貯金300万円しかありません。

あと700万円足りません。

そこでAさんは知り合いのBさんに声をかけました。

Aさん「もし自分のビジネスがうまくいって利益が出たら、分け前をあげるから700万円くれないか?」

Bさん「たしかにうまくいきそうなプランだね。でも500万円しか出せないな。」

Aさん「分かった。じゃあ500万円お願いするよ。」

Bさん「OK。頑張ってね!」

Bさんに500万円をもらったAさんですが、まだ200万円足りません。
そこでAさんはCさんにも声をかけました。

Cさんは200万円出してくれることになりました。

AさんはBさんとCさんに出してくれたお金の金額がちゃんと分かるように、証明となる紙を渡しました。

Bさんには500万円分の証明書、Cさんには200万円分の証明書を渡しました。
あとで、出してくれたお金の金額に応じた配分で利益を分ける約束をしたからです。

さて、ここまでいかがでしょうか?

ここでAさんがBさんとCさんに渡した証明書が、いわゆる株券です。
Aさんが設立した会社は株を買ってもらって資金を集めて経営している会社ですので、これが株式会社です。

つまり株式とは、会社が事業をするための資金を多くの人から集めて、それぞれに証明書(株券)を渡し、利益が出たら出してくれた金額に応じた配分で利益を分ける仕組みのことです。

ちなみにこれは借金とは違いますから、予想が外れて事業が失敗して利益が出なくても、出してくれたお金は返す必要はありません。もちろん利益がないので配分も受け取れません。
これが株式投資は自己責任と言われるゆえんです。

もちろん事業が成功して多額の利益が出た場合は、最初に出した金額に応じた利益が配分されます。

この利益の配分を配当金といいます。

株式投資の基本は、より多くの利益を出しそうな会社に資金を提供して(株を買う)、儲けたお金の一部をいただく(配当金)ことです。