This page:株式投資初心者入門ガイド TOP > 株式投資を始める前の基礎知識 > 最低限必要な株式投資の知識 > 株式投資のルール「手数料」

株式投資のルール「手数料」

株式投資には取引するにあたって知っておいた方がいいルールがあります。

まず、証券会社を通して株を売買するわけですが、当然取引には「手数料」がかかります。

たとえば、1株1000円の株を100株買う場合に必要になる費用は、1000円×100株=10万円だけでなく、「10万円+証券会社に支払う手数料」ということになります。

仮にこのときにかかった手数料が700円だったとすると、購入費用は10万700円です。

そして、買った株が値上がりしたので、売ろうとしたときにも手数料はかかります。

ですので、株の売却益で利益を出すには、

「売るときの株価×株数+手数料」ー「買ったときの株価×株数+手数料」=利益

ということになります。

この手数料は証券会社によってかなり違いがあり、出来るだけ手数料が低い証券会社で取引した方がお得になります。

最近では証券会社の競争も激しくなり、「いくらまでの取引なら手数料が無料」など手数料がかからない証券会社もあります。

さらに1日に何回も取引するデイトレードには1日何回取引しても手数料は一定という定額制を用意している証券会社もあります。

手数料が多くかかるほど利益を出すのは難しくなるのでできるだけ手数料は安いところで取引した方がお得です。

ネット証券は非常にたくさんあるのでその中から自分にとってベストの証券会社を選びたいところです。