This page:株式投資初心者入門ガイド TOP > 株式投資を始める前の基礎知識 > 最低限必要な株式投資の知識 > 株式投資のリスクを把握しておこう

株式投資のリスクを把握しておこう

これまでで売却益や株主優待など株式投資での利益の出し方を見てきました。

「株ってお得じゃん!今すぐ始めよう!」って思ったあなた!ちょっと待った!!

世の中そうおいしい話ばかりではありません。

うまい話には裏があるじゃないですが、株式投資にもそれ相応のリスクというものがあります。

たとえば、あなたはA会社が今後成長し、株が値上がりすると思って、A会社の株を1株3000円で100株買ったとします。

このときにかかった購入費用は30万円です。(正確には+手数料です。)

しかし待てど暮らせどA会社の業績は一向によくならず反対にどんどん悪くなっていきます。
下手したらこのまま倒産してしまうかもしれないというところまでいったとします。

でもすでに業績の悪くなっているA会社の株は購入したときよりも1000円も値下がりして、今は1株2000円になっています。

いまから手放そうと思っても1株2000円×100株で20万円でしか売れませんから、10万円の損になってしまいます。

このときにあなたが取れる選択肢は2つ。

1つは倒産してしまうと株の価値は0円になってしまうので、30万円丸まる損になる。だから10万円の損が出たとしても今の内に売ってしまおう。
とA会社の株を売却すること。
これをいわゆる「損切り」といいます。

もうひとつは、10万円も損してしまうのは嫌なので、なんとか持ちこたえて、株が値上がりしてくれることを祈り、そのまま持ち続けること。
結果、倒産して30万円の損害になるか、株が値上がりして儲けることができるかは誰にも分かりません。
これをいわゆる「塩漬け」といいます。

このように自分の買った株が思うような値動きをしてくれない場合、こんな究極の選択にさらされることになります。

結果として10万円の損が出ようが、倒産して30万円の損が出ようが、誰もその損害を補償してくれません。
もちろんA会社に損害賠償の請求なんてものもできません。

だって、A会社の株が値上がりすると思って購入したあなたの判断が間違っていたというだけの話です。
誰もあなたの判断ミスの責任は取ってくれません。

株は利益も損失も自己責任なのです。

これが株式投資のリスクです。

このようなリスクがあるということもしっかりと頭の中に入れておきましょう。