This page:株式投資初心者入門ガイド TOP > 株式投資を始める前の基礎知識 > 最低限必要な株式投資の知識 > 株で利益を出す種類「配当金」

株で利益を出す種類「配当金」

株を買ったらあなたも会社のオーナーでは、株を買えばその会社のオーナーとなり、利益の一部を受け取ることができるとお話しました。

この持っている株の数に応じて受け取れる利益の配分を「配当金」といいます。

この配当金のように株を持っているだけで受け取れる利益のことをインカムゲインといいます。
株式投資の場合のインカムゲインは「配当金や株主優待」、銀行預金の場合は「利子」ですね。

反対に安い株を買って、高くなったら売って、その差額を儲けるというような投資で得られる利益のことを「キャピタルゲイン」といいます。

配当金がいくらっていうのは会社によってバラバラです。中には配当金がない会社もあります。
だいたい一株あたりの配当金○○円という風に書かれています。

じゃあ配当金が高い会社の株を買えばいいじゃないか。となりますがその場合、その会社の株価を考える必要があります。
配当金は高いけど、株価も高いと言う場合、投資金額に対してもらえるお金の割合が低くなるのであまり賢い投資とはいえません。

このように投資金額に対する配当金の割合を示した数字を「配当利回り」といいます。

株価も安く配当金も高い会社、つまり配当利回りのいい会社の株を買うのがポイントです。

しかし、いくら配当利回りがよくても儲けもないのに、無理をして高い配当金を出している会社もあるので注意しましょう。