This page:株式投資初心者入門ガイド TOP > 株式投資を始める前の基礎知識 > 最低限必要な株式投資の知識 > 単元未満株取引(プチ株・S株・まめ株)なら1株から取引できる

単元未満株取引(プチ株・S株・まめ株)なら1株から取引できる

株式投資には単位株数というものがあって、最低の売買単位が決まっているというお話をしました。⇒単位株数を知っておこう

さらにミニ株という商品なら単位株数の10分の1の株数で取引できるので、資金が少なくても株式投資ができるとも書きました。⇒ミニ株なら10分の1の資金でもOK

さらに単元未満株取引という仕組みを使えば、単位株数に関係なく1株から株取引ができます。

ミニ株が単位株数の10分の1だったのに対して単元未満株取引は1株からOKなので、ミニ株よりもさらに少ない資金で取引ができます。

またミニ株にはないメリットが、株の名義が証券会社ではなく自分の名義になります。
配当も受け取れますし、条件を満たせば株主優待を受けられます。

単元未満株取引を買い足していって単位株数に達すれば通常の単元株とすることもできます。

単元未満株取引は証券会社によって色々な商品名があり、カブドットコム証券の場合「プチ株」、ジョインベスト証券は「まめ株」、SBI証券(旧イー・トレード証券)は「S株」、岡三オンライン証券はそのまま「単元未満株」などとなっています。

ミニ株同様単元未満株は取引できる証券会社が限られているので事前にしっかりと調べましょう。

単元未満株は少ない資金でも株式投資ができるというメリットがありますが、少額の取引になる分、手数料は割高になりますので注意が必要ですね。