This page:株式投資初心者入門ガイド TOP > 株式投資を始めよう > ネット証券に口座を開設しよう > 取引するには専用の銀行口座を使います。

取引するには専用の銀行口座を使います。

ネット証券で株式投資をするには、自分専用のネット証券の口座にお金を入金します。
その専用の口座に入っている資金で株を売ったり買ったりと取引をするわけです。

口座に入金するには証券会社に指定された銀行口座を使います。
どこの銀行口座かというのは証券会社によって異なりますが、だいたいいくつかの銀行の中から選べるようになっています。

その指定された銀行口座に自分の普段使っている銀行からお金を振り込んで入金すると、その金額が証券会社の自分専用の口座に反映されて、取引可能額となります。

入金する場合には振込手数料が当然かかります。

この手数料は証券会社が負担してくれる場合もあれば、利用者負担になる場合もあります。

それは証券会社によって異なりますし、たとえば、AとBの銀行を利用する場合は無料など取引する銀行によって手数料がかからなくなったりします。

ですので、利用する証券会社に合わせて利用する銀行も決めるのがコストを抑える賢いやり方です。

銀行口座にお金を入金してから取引可能額にその金額が反映されるまでには時間がかかる場合もありますので、時間には余裕を持って入金するようにした方がいいでしょう。

また預けている資金や株式を売却して得た利益などを振り込んでもらう出金用の口座も登録する必要があります。
こちらに振り込んだもらうときの手数料はほとんどの証券会社では負担してくれます。