This page:株式投資初心者入門ガイド TOP > 株式投資を始める前の基礎知識 > 最低限必要な株式投資の知識 > ミニ株なら10分の1の資金でもOK

ミニ株なら10分の1の資金でもOK

前回は、株を買うには単位株数をいうものがあって、1株3000円の株があったとしても、3000円で1株買えるわけではないということを説明しました。(→ 単位株数を知っておこう)

単位株数が100株なら、100株×3000円で30万円もの資金が必要になるのですね。

「やっぱりそうか。いくら株式投資がお得だと言っても元々お金を持っている人しかできないのね。自分には無理だ。株式投資なんてやめよう」

なんて、結論を出してしまう前に、「ちょっと待った!!」

株には単位株数がたとえ100株であっても1000株であっても、1株から買うことができる方法があるのです。

少ない資金でも株を買える方法「ミニ株」と「単元未満株(単位未満株取引)」について説明します。

まずミニ株とは、単位株数の10分の1の単位で株を売買することができる取引です。

たとえば1株3000円で単位株数が100株のA会社の株を買おうとすると、通常なら3000円×100株=30万円の資金が必要になります。
もしミニ株なら10分の1の単位で買うことができるので、3000円×10株=3万円から株式投資をすることができます。

しかし、ミニ株には色々な成約があります。
取引できる銘柄が限られていたり、取引できる証券会社が限られていたり、指値注文ができなかったりします。
株の名義が自分名義でなく証券会社の名義になり株主優待は受けられません。(配当はもらえる)
さらに取引が少額になるので手数料が割高になります。

ですのであくまでミニ株は本格的に株式投資を始める前に練習的な意味合いで利用するのがいいかもしれません。

特に最近では個人投資家の増加もあり、単位株数を引き下げる会社も多いので少ない資金でも通常の株式投資のハードルは低くなってきています。