This page:株式投資初心者入門ガイド TOP > 株式投資を始める前の基礎知識 > 最低限必要な株式投資の知識 > 株で利益を出す種類「株主優待」

株で利益を出す種類「株主優待」

株を持つことでその会社の利益の一部をもらえるのが配当金です。

配当金以外にも株を持っていることでもらえるものが「株主優待」です。

株主優待とは、企業(株式会社)が、株主に対して、株を持ってくれているお礼として品物やサービスを提供することです。

たとえば、レストランを運営している企業の株を持っていれば、食事券がもらえたり、鉄道会社の株では、乗車券の割引券がもらえたりとその会社によって様々な株主優待の内容があります。

もちろんすべての株式会社が株主優待をしているわけではありません。

株主優待は、持っている株の数に比例して内容がよくなることもありますが、基本的にはそれほど株の数に関係なく、一律の優待をしている場合が多いです。

ですので、たとえちょっとの数しか株を持っていなくても株主優待を受けることができるので、少額の投資をする場合すごくお得になることがあります。
この株主優待をうまく使って節約することもできますね。

でも株主優待がいいからという理由だけで買う株を決めるのは危険です。
いくら内容がよくても株が値下がりしてしまえば優待分の金額なんてすぐに損してしまいますから、優待の内容だけでなくちゃんとその会社の業績や成長性なども考えて、株主優待はプラスアルファくらいに考えておくのがいいと思います。

ただなかには株主優待の内容が非常にいい会社もあるので、最初からあえて株主優待狙いで買う方法もアリです。
その場合は倒産さえしなければ株価が下がっても気にせず持ち続けていればいいわけですので。
お得な株主優待を探すにはこのサイトが便利です。

株主優待の内容は会社の業績などによって変わる場合もあるので注意が必要です。