This page:株式投資初心者入門ガイド TOP > 株式投資を始めよう > 株の銘柄の選び方~いい株編~ > いい株ってどんな株?

いい株ってどんな株?

前回は株で儲けるためには「いい株」を「安く買う」ことが基本だとお話ししました。→ 「いい株」を「安く買う」ことが銘柄選びの基本

ではまず「いい株」ってどんな株のことを言うのでしょうか?

当然、「利益をバリバリ出してくれる会社の株」「今後、どんどん利益を伸ばしていってくれる会社の株」のことです。

利益をバリバリ出す会社の株は人気が出ますので株価が大幅に上がるでしょう。

その会社の株を持っていれば株価が上がって大儲けできるでしょう。

たとえば、ヤフーのような今後成長が見込める会社をまだ小さいときに発見して株を買っておけば億万長者にだってなれます。
もし最初ヤフーが上場した1997年頃150万円程度でヤフーの株を1株買っていれば、2000年のITバブルのときには100株以上に自動的に増えて、このときにヤフーの株を売却すれば5億円以上になってました。

これはヤフー長者という有名な話ですが、ほかにもコンビニがまだ珍しかった時代にセブンイレブンの株を買っていれば、、、20年間、株を持っているだけで180万円が6億円以上になっています。

このように時代を代表するような成長企業を見つけることができれば株で億万長者も夢ではありません。

またこのような大きな話だけでなく、少し前に子供の間で流行ったムシキングのメーカーであるセガトイズの株は1年で8倍になりました。
5万円買っていれば40万円に増えたわけです。

このようにヒット商品を出して利益を伸ばしている会社などもいい株といえるでしょう。