This page:株式投資初心者入門ガイド TOP > 株式投資を始める前の基礎知識 > 最低限必要な株式投資の知識 > 株の売買の注文方法の種類

株の売買の注文方法の種類

株を買うには証券会社に、「A会社の株を買いたい」と注文を出すわけですが、この注文の仕方には大きく分けて2通りあります。

ひとつは「いくらでもいいからA会社の株を買いたい」と注文する買い方、もうひとつが「A会社の株が○○円になったら買う」と値段を指定して買う注文方法があります。

株の値段は常に変動していますので、こういう2通りの買い方があるわけですね。

ちなみに売り方も同じで2通りです。

「いくらでもいいからA会社の株を売りたい」と注文する売り方、「A会社の株が○○円になったら売る」と値段を指定して売る注文ですね。

ちなみに、値段を指定して売買する注文方法を、「指値注文」、
いくらでもいいからと値段を指定しない注文方法を「成行注文」と言います。

さて、一見すると、「そりゃ値段を指定して売買する方がいいんじゃないの?」って思いがちですが、一概にそうでもありません。
なぜなら指値注文の場合、値段を指定するわけですから、売買したい株が指定した値段にならないと売買できません。

たとえば、現在1株2500円の株を「1株2000円になったら買い」という注文を出していたとします。

このとき1株2099円とかになってしまうと、値段の開きがあるためすぐに買えません。
そのまま2000円にならずに市場が閉まってしまうと結局買えないという場合もあります。

それに対し、成行注文の場合、いくらでもいいからとりあえず売買したいということなので、指値注文よりも優先されて取引されます。
急いで売買したいと言うときには成行注文がベターです。

そのほかにも色々な特殊な注文の仕方もあるのですが、とりあえずは成行注文と指値注文を知っておけば取引に支障はないのでOKです。